© 2017 KEYAKI-FUKUSHIKAI

Dayry life

​グループホームでの生活

住む人、ひとりひとりの暮らしにあわせて・・・

 

「ただいま」「おかえり」

ホームに帰ってきてからは自分の時間。

のんびりを大切にしています。

自分の役割を活かせる場所。

きょうだいじゃないけど、家族のようにみんながみんなを気にかけてる。

​しょうがいがあっても、その人らしく、地域で暮らしています。

①基本情報

・定員 各ホーム3~4名

・現在(平成31年度)8ホーム(うち、1ホームは準備中)

・職員配置 世話人1名、生活支援員、夜間支援体制あり

・平成12年「しおん」の建設に財団法人中央競馬馬主社会福祉財団より920万円の助成金を頂きました。

・平成16年度「ほくと」の建設に日本自転車振興会より966万3千円の補助金を頂きました。

・平成29年度「しおん」のスプリンクラー設備設置に

 社会福祉法人愛知県共同募金会より291万円の配分金を頂きました。
・平成29年度「ほくと」のスプリンクラー設備設置に

 公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団より87万円の助成金を頂きました。
 

 

②ホームでの生活について

 

住人さんに合った家づくり

「安心してゆったり暮らせる家」にしたいという想いが最初にありました。

住人さんの組み合わせ、家での様子、しょうがいの状態、本人や保護者からの聞き取りをもとに、

話し合いを重ね、試行錯誤を繰り返してできたホームです。

住人さんの生活について

ホームはただ寝泊りをするだけの場所でしょうか?

わたしたちのホームでは、住人さんのできることを探し、

それを遊びや自分の役割にしていきたいと考えています。

ホームに暮らすのは「おきゃくさん」ではなく、住人さん。

自分自身が主体となった暮らしを大切にしています。